雪が降る。都会の黒いアスファルトを真っ白に染め上げていく。

「さむ……。」

 奈々子(ななこ)は手袋越しに手をこすり合わせて、寒さで赤くなった鼻をマフラーに埋める。

 今は深夜の零時。

 仕事の残業をどうにか終わらせ、終電に飛び乗って、一人暮らしをしているアパートの最寄り駅を降りたのは、ついさっきの事だ。

 各駅停車の電車しか止まらないような、小さな駅はあまり人もおらず、街灯も少ない。冬の身を切るような寒さが、より一層強まった気がする。

 ここから独りで歩くのかと、溜息を零す。

 ちょっぴり怖い。

 改札を出るために使った、ICカードを鞄へと押し込み、歩き始めた。

 雪が思っていたより降っている。傘を持っていないため、帰るまでには頭の上に雪が積もってしまうに違いない。

 そう思っていた時、スッと何かがその雪から奈々子を守るように現れる。

 傘だ。

 その傘の柄を辿り、それを持つ人物の腕を伝って、彼の顔に焦点が合う。

「あ……」

 些かムッとした顔のその男は、遅い、と憮然と呟いた。

「だって…、仕事が終わらなかったんだもん。」

 奈々子は拗ねるように口を尖らせた。そんな彼女の態度に、男は大きく溜息を吐いた。

「そうじゃなくて。……メール、見てないのか?」

 何のことだろう。奈々子は首を傾げ、慌ててメールを確認する。見てみれば、「仕事が終わったら迎えに行く。電話しろ。」と確かに書いてあった。

「あ、あはは……。ご、ごめん。」

「もういい。……帰るぞ。」

 ムッとしているが、奈々子の持っていた鞄を取り上げると、早く来い、と顎で指し示した。あまりメールを確認しない奈々子が、確認せず電車で帰ってくることなど、とっくの昔にお見通しなのだろう。だから、傘を持って駅前で待ってくれていたに違いない。

 奈々子はきゅっと、彼の腕にしがみ付く。

 さっきまで冷え切っていた身体が、ぽっと暖かくなる。

「迎えに来てくれて、ありがとうね。」

 二人で歩けば、怖いと感じていた雪の夜道も、素敵に見えてくるのだ。

あとがき

 7周年ありがとうございます!


 ということで、珍しく現代物の超短編です。

 何故季節はずれな内容なのかというと、「7周年」からの連想ゲームで決まりました。

 (「7周年」→「7」→「某有名RPGの7」→「ミッドガル」→「ミズガルズ」→「北欧神話」→「北欧」→「寒い」→「冬」・「雪」)

 我ながら、季節感考えろよ、とかは思うんですけどね。


 一応、季節感考えて、晩秋〜初冬くらいの季節で書いてみたんですけど、なんか、まとまんなくて没にしたやつ下に置いときますね。(なけなし)


***


 雪が降っていた。季節外れの新雪は、黒いアスファルトに落ちては消え、その地面を濡らすだけだ。

 滑りやすくなってしまった地面に、足を取られぬように注意して歩く。いつもは履かない少し高めのヒールが憎らしい。

 寒くなるとは言っていたけれど、ここまでだなんて。

 やっぱりブーツにすれば良かったわ、と七海(ななみ)は心の中で悪態を吐いた。

 ずっと仕事ばかりで、同じ年頃の子たちのように、美容に関心を向けるわけでもなく、ただただ目の前の仕事に邁進してきた。

 だからなのかな。

 七海は零れそうになった涙を、ぐいと拭った。メイクが崩れることなど、全く気にならなかった。

 二十代最後の初冬。二年ほど付き合っていた彼氏に振られてしまった。

 いや、別れ話のようなものを切り出されて、その先を聞くのが怖くて逃げてきてしまった。

 だって、「仕事が忙しくなってきたんだ」なんて、後に続くのは一つでしょう?

 元々忙しい彼との久しぶりの外食デート。折角だから、と気合を入れて普段しないようなお洒落をした。なんて滑稽なのだろう。

 あまり会えない寂しさを埋めるために、仕事に打ち込んで、結局七海自身も忙しくなって、会える時間をさらに減らしてしまった。

 好きだった。とても。

 彼も同じだと思ってたの。

 けれど、滅多に会えない、さして可愛くもない女に愛想を尽かすのなんて、時間の問題だって、どうして気が付かなかったのだろう。

 早く家に帰って、眠って全てを忘れてしまいたい。

 次第に早足になる。だが、慣れないヒールと濡れた路面で足が絡まった。

 べしゃっと音を立てて転んだ。

 溶けた雪が跳ねて顔や服を汚した。

「………っ」

 路上に手をついたまま座り込んで、立ち上がる気力も湧かなかった。

 涙が零れた。

 一筋零れ落ちると、もう止まらなかった。

 立たなくちゃ、立って、帰らなくちゃ。

 そう確かに思うのに、七海の身体は動いてくれなかった。

 雪の冷たさがコート越しにも伝わって、指先も氷のように冷たくなっていく。冷え切って赤くなった指は、滲む視界ではうまく捉えられなかった。

 落ち着いてきたのか、落ちる涙の量が減る。七海はすん、と鼻をすする。

 その時、未だ滲む視界に、アスファルトとは違う黒が混じった。

 男物の革靴。

 七海はのろのろと顔を上げた。

「っ―――」

 ひゅっと息を飲んだ。

 その視線の先には、ついさっき自分を振った男がいた。

 なんで……?

 唇を震わせるが、声にはならなかった。

 目の前の彼は、息が上がっているのか肩で息をして、その頬は七海の指先とは、全く逆の違う理由で赤くなっている。

「ななみ。」

 その声で、一度は引っ込んだはずの涙が、再び溢れる。

 なんで、なまえをよぶの。

 なんで、そんなかおするの。

 なんで、おいかけてきたの―――

 言いたいことは全て、言葉にならないまま消えていく。

 七海がただただ座っていると、その腕を取られ、ぐいと引き上げられて立たされた。


***


 中途半端な所で終わっててすみません。

 一応、このあと、「仕事忙しいから、このままだと会えなくなる。でも、ずっと一緒にいたいし、結婚しよ」って言おうと思ってた、っていわれて、HappyEndです。

(2018/09/15)
Copyright (C) Miyuki Sakura All Rights Reserved.
inserted by FC2 system